PR担当者がブランドの顔として担うべき仕事

アパレル業界の各ブランドで広報戦略を担っているPR担当者は、言ってみればブランドの顔となりうる立場。
ブランドを広める役割を担っており、時にメディアに露出しながら自社の商品のアピールをしていくことが求められるわけです。

つまり、そのPRの仕事を行なっている女性にセンスがなければ、それだけでブランド価値が下がる可能性すらあるのです。

外から見ればとても華やかであり、多くの女性がこの仕事に憧れるのも理解できます。
ただ、その裏では多大な努力が必要であり、ブランドの価値を傷つけないよう、日々高い意識を持ちながら働くことが求められると思っておきましょう。

その努力の一つとして、自分磨きも大切になってきます。
自分磨きとは、単に仕事ができるよう知識を増やしたり行動量・行動力をアップさせたりするだけにとどまりません。
上でも触れたように自らがメディアに登場することもあるわけですから、容姿やファッションセンスなども常に磨く必要があるのです。

疲れていてもそのような表情を見せることは許されず、いつも同じ服装でいるということもあまり好ましくはないでしょう。

肉体的なタフさも必要になりますし、精神的にも安定していなければブランドの顔としての役割を担えない、非常に難しい仕事がPRと呼ばれる職種なのです。

より効果的にブランド価値を高めるために必要なこと

自分磨きも大切ですが、行動しなければ自らのブランドを宣伝することはできません。
上で触れた行動量や行動力、これのアップも当然必須の要素となってきます。
多くのイベントに訪問し、そこで人脈を築くこともPRに携わる女性の重要な仕事であると覚えておいてください。

PR担当者は自らイベントを企画することもありますが、多くのイベントに訪問することは自社ブランドのイベントの成功にも繋がりますし、そこで築いた人脈をフルに活かしつつ、各メディアに取り上げてもらうきっかけを作ることにも役立ちます。

他のブランド、メディアやマスコミ関係者、その他業界に強い影響力を持った人とイベント等で顔を合わせた時、もし自分のセンスを疑われてしまったらその後の仕事に悪影響を与えてしまいます。
ここでも、ブランドの顔としてのセンスの有無、これが問われることになるわけです。

言葉、文章、写真など、通常はこうしたものでブランドを広める役割を持つのが広報担当者なのですが、アパレルのPRの場合にはそれに加えて、自分自身の容姿やファッションセンスまでをもフルに使いながらブランドの価値を高めることが求められる、非常に特異な職種であると言えるでしょう。

だからこそ、やりがいが感じられるわけですし、若い女性の憧れの存在となっているのではないでしょうか。

アパレル業界でPRに携わる仕事に就くのであれば、こうした役割や苦労などがあることを知っておかなければいけません。